応急処置

洗浄剤などが目に入ったとき

洗浄剤などが目に入ったとき

そのまま放置すると失明のおそれがあるので、こすらずすぐに流水で15分以上洗い流してください。
日本中毒情報センター」に電話して指示をあおいでください。
その後、すぐにSDSか本品を持参して眼科医の診断を受けてください。

そのまま放置すると失明の恐れがある製品もあります。

製品が目に入ったら、すぐに流水で洗い流してください。
製品の注意表示に、洗い流す時間(15分以上など)が記載されている場合は、必ずそれに従ってください。

目の洗い方

すぐに洗眼することが大切なので、コンタクトレンズは無理には外さず、そのままでまず静かに洗浄しましょう。
その後、容易に外せるなら、外してもう一度洗顔してください。外しにくいときは無理には外さず、すぐに眼科医を受診してください。

シャワーで洗う場合、指でまぶたをひらいて、上向きの弱いシャワー水を、よく目に当てて洗い流してください。
水道で洗うときは、少しずつ水を流して手のひらにうけ、その水に目を浸け、水の中でよくまばたきしてください。

なお、目に入ったときは、まぶたや顔にも製品の液や粉などが付着している可能性が高いので、目を洗う前か、目を洗いながら洗ってください。

意識がないなど、自分で目を洗い流せない状態の方には、顔を上に向け、まぶたを開けて静かに水を注ぐ等の処置をしてください。
むずかしいときは無理に処置せずに、すぐに眼科医を受診してください。

緊急医療相談 連絡先

製品事故時の緊急医療相談連絡先

公益財団法人 日本中毒情報センター

当社で取り扱っている製品で、誤飲・誤食などで中毒事故が起きたり、製品が目に入ったり、製品が体にかかるなどの事故が起きた場合、公益財団法人日本中毒情報センターの「中毒110番・電話サービス」で、電話による情報提供が受けられます。

大阪中毒110番
一般市民用専用電話
072-727-2499(365日 / 24時間対応)
医療機関専用有料電話
072-726-9923(365日 / 24時間対応)
つくば中毒110番
一般市民用専用電話
029-852-9999(365日 / 9時~21時対応)
医療機関専用有料電話
029-851-9999(365日 / 9時~21時対応)

なお、弊社製品に関するお問い合わせにつきましては、
医療機関専用有料電話の利用料(1件 2,000円)を弊社が負担いたします。

公益財団法人日本中毒情報センターの詳細は、ホームページをご覧ください

https://www.j-poison-ic.jp/